2016年

11月

24日

曙鶏

来年の干支の置物ができあがったといって

ご連絡をいただいて訪れたまさんど窯。

 

 

めずらしい素材との出会いに舞い上がり

思わず記事にしてしまいましたが、

ようやく本命のご紹介です^^

 

来年  2017年の干支 「 酉 」

 

 

 

「曙鶏」syokei

 

 

続きを読む 1 コメント

曙鶏

来年の干支の置物ができあがったといって

ご連絡をいただいて訪れたまさんど窯。

 

 

めずらしい素材との出会いに舞い上がり

思わず記事にしてしまいましたが、

ようやく本命のご紹介です^^

 

来年  2017年の干支 「 酉 」

 

 

 

「曙鶏」syokei

 

 

不老長寿や子宝にめぐまれるという福寿桃 の上には
オナガドリ(尾長鶏)の雄雌とたくさんの愛らしい雛たち。

 

 

裏干支であるウサギもあしらわれています。

(裏干支・・十二支を丸く円で書き表したとき、

向かい側に来る干支が相性の良い干支で「向かい干支」ともよばれ、

持ち主の背後を守るといわれ、自分の干支と並べて飾っておくとよいとされています。)

 

オナガドリの尾の曲線の美しいこと・・立派です!

 

 

この美しくも愛らしい作品の型を見せていただきました。
職人さんの想いを感じます。。

 

 

 

型をとり、乾燥させているところですね。

釉薬を塗って焼くと、後ろの焼物になります。

釉薬も天然の藁灰から手間暇かけてつくられるもの。

その釉薬と粘土との相性も
職人さんが試行錯誤してようやく一つの作品につながります。

 

 

 

 この「曙鶏」というお名前は

橿原神宮の宮司様よりいただいたものだそうです。

 

 

 

お話してくださった大塩正巳さんも職人の中澤さんも

穏やかに話されるのでつい聞き入っていましたが

 

 橿原神宮は、初代神武天皇が即位した建国の地。

その宮司様よりお名前をいただくということは、

そうそうあることではないのですよね。

 

 

 

それにまつわるお話も伺いましたが・・

 

ここでお話しすると訪れるお楽しみが一つ減ってしまいますので、
内緒にしておきましょう^^

 

 

ぜひ、まさんど窯で、

日常から離れた

ゆっくりとした時間の中で・・物語を聞いてみてくださいね。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    萩原 実 (金曜日, 21 7月 2017 16:08)

    竜の香炉、届きました。
    素晴らしい作品をありがとうございます。
    また、樫舎の和菓子が同封されており、感激しました。
    窯へ訪問した後、早速樫舎へ行き美味しい氷と和菓子を頂きました。
    送金に関してですが、ネットにて対応した為、入金が24日(月曜)になってしまいます。 申し訳ありません。
    竜の香炉、お猪口、楽しませていただきます。
    奈良旅行の素晴らしい思い出の品となりました。
    ありがとうございます。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2014 hiro All Rights Reserved.